クラウドベース管理ツール Pure1 ― 概要とメリット

はじめに

今回から数回にわたり、ピュア・ストレージの特長の 1 つである、クラウドベースの管理ツール「Pure1」を紹介します。Pure1 を活用することで、ただでさえシンプルなピュア・ストレージ製品の運用が更にシンプルになるだけでなく、将来予測や仮想マシン単位の性能解析など、さまざまな付加価値が得られます。

Pure1 の全体図
図 1:Pure1 の全体図

 Pure1 とは

ピュア・ストレージの FlashArray や FlashBlade は、アレイのログをクラウド上のサポート環境に常に送信しています。この機能を「PhoneHome」といい、ログが蓄積されるサポート環境を「CloudAssist」といいます。これら全てを包括したサポートの仕組みが Pure1 です。

PhoneHome により、ログは 30 秒間隔で CloudAssist に送信されます。また、ダンプレベルのコアログも 1 時間間隔で CloudAssist に送信され、蓄積されます。ストレージ製品に限らず、一般的に、重い障害や性能トラブルの解析には、デフォルトで取得しているログだけでは不十分なため、より高いレベルでのログ取得を必要とするケースが多くあります。そのようなケースでは、しばしば、高いレベルのログ取得を仕込んだ上でトラブルの再現を待たなければなりません。しかし、ピュア・ストレージの製品には、その概念がありません。全てのログが PhoneHome によって CloudAssist に送信、蓄積されるため、有事の際でも高いレベルのログ取得をお客様にお願いすることはありません。

PhoneHome と CloudAssist
図 2:PhoneHome と CloudAssist

CloudAssist に蓄積されたログは、主に、サポートエンジニアが解析を行うために使用しますが、ピュア・ストレージでは、このログを活用したユーザーフレンドリーな GUI を Pure1(正式名は Pure1 Manage)として提供しています。Pure1 には、ユーザー様もパートナー様もアクセスが可能です。当然ながら、アカウントの認証と、作成、監視したいアレイの紐付けが必要ですが、それら全ての設定をピュア・ストレージで行います。既にピュア・ストレージをお使いのユーザー様は、担当営業か SE に「Pure1 で、このアレイを見たい!」とご連絡ください。

Pure1 へのアクセス方法

Pure1 へのアクセスは、非常に簡単です。Pure1 はクラウド上にあるため、いつでも、どこでも使用できます。以下のいずれかの方法でアクセスし、発行されたアカウントでログインするだけです。

Pure1 へのアクセス方法:

  • PC、タブレット、スマートフォン等の Web ブラウザから Pure1 にアクセス
    https://pure1.purestorage.com/
  • スマートフォンのアプリから Pure1 にアクセス
Web ブラウザからアクセスした Pure1
図 3:Web ブラウザからアクセスした Pure1
アプリからアクセスした Pure1
図 4:アプリからアクセスした Pure1

Pure1 を使用するメリット

Pure1 を使用すると、管理しているアレイの状況(容量、性能、各コンポーネントの正常性、アラート)を一目で確認することができます。PhoneHome が 30 秒間隔のため、その内容は 30 秒以内の状況であり、ほぼリアルタイムといえます。特に、スマートフォンの Pure1 アプリは、我々のようなプリセールスに関わるアカウント SE(ユーザー様を直接担当する SE)にとって、非常に便利です。外出や移動、イベント対応や講演時など、すぐに PC を開ける状況ではなくても、開きやすいスマートフォンがあれば、いつでも対応できます。Pure1 アプリはスマートフォン向けに最適化されており、確認が必要な場合にはスマートフォンに通知が届きます。気を張り詰めてスマートフォンを見続ける必要はありません。

これら Pure1 の仕組みは、ユーザー様はもちろん、保守パートナー様、ピュア・ストレージのエンジニアにとっても非常に実用的です。例えば、障害発生時にはアラートが発行され、ユーザー様はその内容を把握することができます。同時に、PhoneHome によりそのアラートは CloudAssist に送信されます。CloudAssist にログが届くと、自動的に担当営業と SE、保守パートナー様に通知され、状況を把握することができます。このとき、サポートエンジニアが自動的にアサインされます。解析に必要なログも全て CloudAssist に蓄積されているため、ユーザー様の工数をかけることなく、迅速なサポートを実現しています。

関係者全員がリアルタイムに状況を把握
図 5:関係者全員がリアルタイムに状況を把握

ピュア・ストレージの Pure1 をはじめ、クラウドベースのシンプルでリアルタイムなサポートの仕組みは、スタートアップ系のストレージベンダーがリードしてきました。最近では、大手ベンダーも、同等レベルのサポートの実現を目指して、その仕組みの実装に注力する傾向にあります。Pure1 は、ログ送信からサポートエンジニアのアサインまでのリアルタイム性、関係者への通知と共有に優位性があります。また、ミッションクリティカルな環境における多くの導入実績から蓄積されたノウハウ(ログ)のレベルは、他社の比ではありません。

次回予告

本ブログ連載は、セミナー等でよく聞くような、障害が発生する前の予兆検知といった全自動系の話ではありません。読んでくださる読者の皆さまを意識して、Pure1 を実際に「触りたくなる」ことをゴールとしています。ユーザー様やパートナー様、そしてお客様を実際に担当する SE である私自身の観点で Pure1 をご紹介したいと思います。

次回は、Pure1 にログインするだけで、仮想ディスク ー VM ー ESXi ホスト ー データストア ー ボリューム(LUN)ー アレイまで、各レイヤーの性能情報をフルスタックで確認できる Pure1 の機能「VM Analytics」をご紹介します。