Pure1 機能:VM Analytics ー Collector の構築手順

はじめに

前回の記事では、仮想ディスク、VM、ESXi ホスト、データストア、ボリューム(LUN)、アレイまで、各レイヤーの性能情報をフルスタックで表示できる Pure1 の機能「VM Analytics」をご紹介しました。この VM Analytics を使用するためには、Collector を構築する必要があります。今回は、Collector の構築手順をご説明します。

Collector の選択(前回のおさらい)

Collector を立てる場所には次の 2 つの選択肢があります。ユーザー様の環境にあわせてどちらかを選択します。

Collector
図 1:Collector
  • On-Array Collector
    • FlashArray 上で Purity//Run 機能を有効化し、Collector を立てる
    • Purity//Run の有効化を要するため、//M20、//X20 以上のモデルが必要
    • ストレージ OS(Purity//FA)のバージョンは、4.10.x か 5.1.x 以降
  • Off-Array Collector
    • VMware ESXi 上に Collector を立てる
    • FlashArray に対する要件は特になし
    • Ubuntu VM にピュア・ストレージが提供する Collector をインストールする

On-Array Collector の構築手順

On-Array Collector の構築手順は次のとおりです。ユーザー様に実行していただくのは 1. と 2. のみです。VM Analytics は極めて簡単な手順で使用できます。

  1. FlashArray の管理 GUI または CLI で、RemoteAssist 機能を有効化する
    • GUI の場合:管理 GUI ⇒ Settings ⇒ Pure1 Support ⇒ Remote Assist
GUI で RemoteAssist 機能を有効化
図 2:GUI で RemoteAssist 機能を有効化
    • CLI の場合

  1. 次の情報を担当営業または SE にご連絡いただく
    • vCenter のホスト名(IP アドレス)
    • Collector が使用するユーザー名とパスワード(read only 権限でよい)
    • Collector 用の IP アドレス(vCenter と通信可能なもの)
  2. サポートエンジニアが RemoteAssist でアレイにログインし、2. の情報を元に Collector を構築する

Off-Array Collector の構築手順

Off-Array Collector の構築手順は次のとおりです。

  1. vSphere 環境に、次の要件を満たす Ubuntu VM を作成する
    • OS:Ubuntu 16.04
    • CPU:最小 2 コア(x86_64)
    • メモリ:最小 2 GB
    • Docker:EE 1.11.2 以降、または CE 17.03 以降
    • 必要な機能(パッケージ):Python 3、logrotate、cron

    • logrotate の実行間隔を時毎(hourly)に設定する

    • Off-Array Collector では、vCenter からの情報を Ubuntu VM 自体が PhoneHome により CloudAssist に送付するため、FlashArray における PhoneHome 要件と同様に次のような CloudAssist への通信許可が必要となる
      • ポート:443
      • 通信プロトコル:TCP
      • アプリケーションプロトコル:HTTPS
      • 方向:アウトバウンド
      • その他:
        • IP ブロック:52.40.255.224/27
        • ホスト名:*.cloud-support.purestorage.com

※ PhoneHome、CloudAssist の用語の意味と仕組みについては、Pure1 連載の第 1 回をご参照ください。

  1. Pure1(https://pure1.purestorage.com)にアクセスし、次の操作を行う
    • VM Analytics 画面左上の「歯車アイコン」をクリック
VM Analytics 画面左上の歯車アイコンをクリック
図 3:VM Analytics 画面左上の歯車アイコンをクリック
    • 「Create Collector」をクリック ⇒ Collector 名を入力
    • 「クラウドアイコン」をクリック ⇒ インストールスクリプトを表示してコピー
インストールスクリプトを表示してコピー
図 4:インストールスクリプトを表示してコピー
  1. 1. で作成した Ubuntu VM にログインし、2. でコピーしたインストールスクリプトを実行する

  1. インストールした Off-Array Collector に vCenter 情報を登録する

  1. プロキシの設定
    ※ プロキシ環境で構築する場合は、次の設定が必要です。

    • /var/lib/ccm/network/http_proxy ファイルを作成する
    • 作成したファイルに以下を追記する
      https://<user>:<pw>@<hostname>.purestorage.com:<port>
      <記入例> https://ngoc:ngoc@sst-proxy.dev.purestorage.com:3128
  1. 再び Pure1 にアクセスし、VM Analytics 画面を確認する
    ※ VM Analytics の表示に必要な情報は、時毎の PhoneHome(Hourly PhoneHome)により送信されます。反映されるまで約 1 時間お待ちください。

参考情報

第 1 回:クラウドベース管理ツール Pure1 ー 概要とメリット

第 2 回:PURE1 機能:VM Analytics ー VM レイヤーの性能情報までフルスタックで表示