ピュア・ストレージ・ジャパン FlashBlade セールスリードの大浦です。

本日ご紹介する記事は、FlashBlade 事業部門副社長のマット・バー(Matt Burr)による「PURE STORAGE と NVIDIA による統合ソリューション ― AI の大規模運用を可能に」です。

3 月末に開催された GTC 2018 シリコンバレーの会場では、マットが AIRI™(アイリ)のベールを自ら取り除き、デモ用ラックのお披露目をしました。


何十年かに一度、世界を一変させるような可能性を秘めた画期的なテクノロジーが出現することがあります。人工知能(AI)は、現代におけるその一例と言えるでしょう。新しい技術が生まれ、人々が未来の可能性について思いを巡らす一方で、旧来の技術に固執しすぎれば、自らの世界で遅れをとる結果を招きます。AI 技術については、もはや「活用するかどうか」ではなく「いかに早く使いこなすか」なのです。

先進的な企業は AI を駆使してデータを活用し、革新的な製品やサービスを生み出しています。そのような企業の多くはピュア・ストレージとエヌビディア社の製品で構築されたAIインフラストラクチャを利用しています。一例として、トヨタ、ラコステなどの有名ブランドを支えるビジネスプロセスアウトソーシング企業の Global Response 社では、ピュア・ストレージとエヌビディア社のサポートを得て、顧客サポートの通話をリアルタイムで文字に起こして分析を行うという最先端のコールセンターシステムの開発に着手しました。これによってパーソナライズされた顧客体験の提供が可能となります。

企業が AI の導入をためらう原因は何でしょうか?

企業が過去半世紀の間に学んできたスキルは、今後の技術革新と競争力を高めるには十分ではありません。彼らは、いわゆる「ソフトウェア 1.0」に基づいてスキルセットとインフラストラクチャを構築してきました。専門知識を持つ技術者が、自身の知識に基づいてソフトウェアを作成する方法です。一方、「ソフトウェア 2.0」に基づく新しい時代では、膨大な量のデータに基づいてソフトウェアがソフトウェアを作成します。必要とされるスキルやインフラストラクチャなど、すべてが異なります。従来のテクノロジーを駆使して自前で構築したソリューションは複雑になり、そのために AI イニシアチブは停滞、あるいは中断を余儀なくされてきました。

先頃発表した「AIRI™」は、業界初の、AI に最適な統合インフラストラクチャです。ピュア・ストレージとエヌビディア社によって設計された AIRI は、インフラストラクチャの複雑さという障壁を解消し、あらゆる組織が AI イニシアチブを迅速に始動させるための道を開きます。

AIRI は、ピュア・ストレージとエヌビディア社によって、AIのスケールアウトにも対応するよう設計された、最先端のソフトウェアとハードウェアの完全統合ソリューションです。近代的な分析やAI向けに設計された業界初のストレージプラットフォームである FlashBlade™と、4台の NVIDIA DGX-1™ スーパーコンピュータを搭載し、4 PFLOPS のパフォーマンスを実現します。また、NVIDIA GPU Cloud ディープラーニングスタックと AIRI Scaling Toolkit を利用することで、データサイエンティストは AI イニシアチブの活性化にかかる期間を数週間や数カ月から数時間へと短縮できます。

AIRIの開発に際して私たちは多くのインスピレーションをお客様からいただきました。大きな問題に直面したときに過去の考え方に囚われずによりよい解決策を探るような、業界の先駆者であるお客様です。Paige.AI 社は、AI の利用を通じてガンに挑戦するスタートアップ企業です。病理学は、ほぼすべてのガン診断の基本になりますが、今日の病理学的診断は100 年以上前に開発された人手による手順に依存しています。同社は、Memorial Sloan Kettering Cancer Center(メモリアル・スローン・ケタリング・ガンセンター)から世界最大のデータセットの1つである約 2,500 万の病理スライドと画像データの提供を受け、NVIDIA DGX-1システムと FlashBlade によって AI を駆使したアプリケーションを稼働させています。

Paige.AI 社や既に AI を利用している先進的なお客さまを通して、私たちは実世界への AI インフラストラクチャの導入について多くのことを学びました。これまでに経験したベストプラクティスは文書化され、スキルが強化され、新たなツールが開発されました。AIRI は、これらすべてを包括した単一のソリューションとして、あらゆる企業が先駆者の知恵を活用することを可能にします。

実際にデータの活用方法を考えてみましょう。

Paige.AI 社のような、ガンという人類最大の課題に取り組んでいる組織であっても、Global Response 社のような、優れた顧客体験を実現すべくビジネスプラクティスを変革している組織であっても、常に重要なものはデータです。AIRI は、あらゆる企業において、データを新たな可能性に変える力を提供します。

AI は現世代におけるイノベーションの推進力です。AIRI は、そのAIの潜在力を余すところなく捉えるための力となります。お客様の組織におけるAIイニシアチブの実現に、AIRI をお役立てください。詳細はこちらをご覧ください。


大浦からのコメント

マットの記事で紹介された AIRI は、”AI-Ready Infrastructure” の頭文字を取ってつけられた名称です。日本では、日本語になじみやすい音の「アイリ」という読みでご案内させていただくことになりました。

業種を問わずさまざまな企業がビジネスの発展のために AI を活用しようとしています。そういった企業にとって大事なのは、「いかに早く機械学習のパフォーマンスを手に入れるか」です。彼らの仕事は、AI や深層学習のシステムを作ることではなく、そのシステムを早く活用して、そこから一日でも早くビジネス価値を引き出すことだからです。

AIRI は、マルチ GPU のスケール環境における最高のパフォーマンスをわずか数時間で実現するソリューションです。バラバラなコンポーネントを集め、従来型のストレージシステムや分散ストレージシステムを構築して GPU クラスターと接続するというこれまでのやり方では数か月かかっていた工程を、AIRI は大幅に短縮します。

AI への取り組みを加速させたい一方で、複雑なインフラ設計や保守に戸惑いのある企業の皆様には、将来を約束されたこの技術がきっとお役に立つと考えております。

ご相談をお待ちしております。

英語版:  Pure Storage & NVIDIA Join Forces to Bring AI-at-Scale for Enterprises