ピュア・ストレージの村山です。今回は、Windows が標準機能として提供している「Volume Shadow Copy Service(以下、VSS)」を FlashArray と連携させ、Windows OS やアプリケーションから見て整合性を保ったイメージバックアップを取得するための方法を解説します。

VSS の導入手順

FlashArray はストレージであるため、VSS の枠組みでは「VSS ハードウェアプロバイダ」に位置付けられます。そのためのプラグイン的なソフトウェアも用意されており、執筆時点(2019 年 7 月)の最新版は「Pure Storage Hardware Provider for Microsoft VSS 1.6.0」として提供されています。VSS イメージバックアップを行いたい Windows サーバーに、このソフトウェアをインストールすることが準備の最初の一歩です。具体的には、ソフトウェアのインストーラ(PureVSSInstaller.exe)をダブルクリックし、Windows 環境にインストールします。インストールはウィザードベースで、ほぼデフォルト値に応えればよいので、あっという間に完了します。なお、執筆時点でサポート対象となっている Windows サーバーは、2008R2、2012、2012R2、2016 の 64 ビット版です。

Pure Storage VSS Hardware Provider のセットアップ
図 1:Pure Storage VSS Hardware Provider のセットアップ

次に、FlashArray と連携するための設定をコマンドラインツールで行います。具体的な手順は以下のとおりです。

  1. コマンドプロンプトを開く
  2. pureproviderconfig add コマンドで対象の FlashArray と連携するための設定を行う
    例:> pureproviderconfig add –url https://x.x.x.x –user pureuser –password password Alias-Name
    –url … 対象となる FlashArray の管理インタフェースにアクセスするための URL
    –user … 管理者アカウント
    –password … 管理者アカウントのパスワード
    Alias-Name … 対象となる FlashArray のエイリアス名(必須。FlashArray に設定した実際のホスト名と一致する必要はない)
  3. Windows 管理ツールの「サービス」から 「Pure Storage VSS Hardware Provider (64-bits) 」を開始
pureproviderconfig コマンド実行例
図 2:pureproviderconfig コマンド実行例

これで VSS 連携の準備が整いました。

VSS の利用例

それでは、E: としてマウントした FlashArray 上のボリュームのイメージバックアップを VSS 経由で取得してみましょう。

VSS によるボリュームのシャドウコピーを取得するには、VSS リクエスタによる実行指示が必要です。ここでは、Windows サーバーに含まれている diskshadow ツールを VSS リクエスタとして使用します。

まず、E ドライブにアクセスして内容を確認してみましょう。

E ドライブにアクセス
図 3:E ドライブにアクセス

図 3 にあるとおり、E ドライブには 3 つのファイルが保存されていることがわかります。この状態で、VSS によるシャドウコピーをとってみます。コマンドプロンプトを開き、diskshadow ツールを実行します。diskshadow ツール実行環境の中で、さらに以下のコマンドを実行します。

> set context persistent … シャドウコピーイメージにドライブレターを割り当てるために必要
> set option transportable … シャドウコピーを後から利用するためのオプション
> set metadata metadata.cab … 関連メタデータを保存するファイル名

diskshadow ツールを実行
図 4:diskshadow ツールを実行

これでバックアップイメージを取得する準備が整いました。次に E ドライブに対して VSS 連携したスナップショットを作成するコマンドを実行します。

> add volume e:
> create

 VSS 連携したスナップショットを作成
図 5: VSS 連携したスナップショットを作成

FlashArray の管理 GUI を使うと、VSS ハードウェアプロバイダを経由し、対象ボリュームのスナップショットが作成されていることを確認できます。

FlashArray の管理 GUI で対象ボリュームのスナップショットを確認
図 6:FlashArray の管理 GUI で対象ボリュームのスナップショットを確認

これで 3 ファイルを格納した E ドライブの VSS シャドウコピーが確保できたので、意図的にそのうちの 2 つのファイルを削除してみましょう。

ファイルの削除
図 7:ファイルの削除

この削除がオペミスだった場合には、どのようにデータを戻せるでしょうか?先ほど取得したスナップショットをもとに、シャドウコピーからデータを戻してみたいと思います。再びコマンドプロンプトから diskshadow コマンドを実行し、次の diskshadow ツールのコマンドを実行します。

> load metadata metadata.cab … メタデータが保存されたファイルのファイル名
> import … メタデータの読み込み
> list shadows all … シャドウイメージの一覧

これにより、データリカバリの準備ができました。

データリカバリの準備
図 8:データリカバリの準備

import コマンド実行時にエラーが出ることがありますが、すでに同じシャドウコピーが利用可能になっている場合には、無視して進められることがあります。さらに、以下のコマンドを実行することで、シャドウイメージをドライブとしてマウントします。ここでは G ドライブとしてマウントしています。

> expose %VSS_SHADOW_1% g:

「%VSS_SHADOW_1%」は、シャドウコピー ID を表す文字列(ここでは、31d9… で始まる文字列)に置換される環境変数です。

シャドウイメージを G ドライブとしてマウント
図 9:シャドウイメージを G ドライブとしてマウント

G ドライブにアクセスすると、シャドウコピーから削除した 2 つのファイルがリカバリされたことが確認できます。

シャドウコピーから削除したファイルをリカバリ
図 10:シャドウコピーから削除したファイルをリカバリ

リカバリが終わったら、以下のコマンドを実行してマウントを解除し、必要に応じて対象シャドウコピー(実際には FlashArray のスナップショット)を削除します。

> unexpose g: … Gドライブをアンマウント
> delete shadows id %VSS_SHADOW_1% … 対象シャドウコピーを削除

対象シャドウコピーの削除
図 11:対象シャドウコピーの削除

FlashArray の管理 GUI でも対象スナップショットが削除されたことを確認できます。

FlashArray の管理 GUI で対象スナップショットの削除を確認
図 12:FlashArray の管理 GUI で対象スナップショットの削除を確認

まとめ

FlashArray による VSS の連携について、導入方法と簡単な利用例をご紹介しました。実際にはバックアップソフトウェアのような VSS リクエスタを使用して、VSS シャドウコピーを利用する利用形態になります。そのための事前動作確認としてもぜひご活用ください。

今後ともピュア・ストレージをよろしくお願いいたします。


Pure Storage、Pure Storageのロゴ、およびその他全てのPure Storageのマーク、製品名、サービス名は、米国およびその他の国におけるPure Storage, Inc.の商標または登録商標です。その他記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。