今回は、以前に投稿した「コンテナ永続データのバックアップとリストア」でご紹介したコンテナのバックアップ/リストア機能「PX-Backup」を実際にお試しいただく方法を解説します。Portworx の PX-Central では PX-Backup の 30 日間無償ライセンスをご提供しており、こちらを利用してオンプレミスの VM 環境にインストールしてみましょう。

Welcome to Portworx

インストールの前準備

環境は、前回の「Portworx Enterprise のインストール」でセットアップしたクラスタにインストールしました。

  • OSESXi 6.5 上で CentOS 7(64 bit)を利用
  • ハードウェア:4 vCPU、4 GB RAM、128 GB(ハードディスク 1)、100 GB(ハードディスク 2)、10 GB ネットワーク・アダプタ
  • ストレージ:データストアとしてピュア・ストレージの FlashArray//X20 R2 を利用して、各 VM に 2 つのストレージを割り当て(OS 用と Portworx が利用するボリューム)
  • コンテナ環境:Kubernetes v1.19.7、Docker v19.03.9、Helm3、Stork v2.6

上記の環境を Master ノード 1 台、Worker ノード 3 台にそれぞれ準備します。インストールの詳細は、PX-Backup Documentation(PX-Backup のドキュメント)のページをご参照ください。

なお、PX-Backup は Portworx Enterprise がインストールされていない Kubernetes クラスタにインストールして、バックアップ/リストア用途だけにご利用いただくことも可能です。その際は、Master サーバーに STORK(STorage Orchestrator Runtime for Kubernetes*)を事前にインストールしてください。

* CNCF にオープンソース(Apache 2.0 License)として Portworx が開発・保守している Kubernetes Scheduler Extension

STORK のインストール

※なお、インストールコマンドはバージョンによって変更されます。「Add Kubernetes Cluster」ページの「Copy command to install stork for」で「Non PX Cluster」を選択し、最新のコマンドをコピーしてご利用ください。

Portworx - Copying Stork installation command

インストール用 Spec ファイルの作成

  1. PX-Central にアクセスすると、ログイン画面が表示されます。はじめての方は、画面下の Create account を選択します。
    Portworx - Create Account
  2. 必要な情報を入力して Get Started をクリックします。
    Portworx - Get Started
  3. 手順 2 で入力した Email アドレスに確認メールが届きます。Start Using Portworx をクリックすると、ブラウザに次のような画面が表示されます。PX-Backup の左にある丸ボタンをクリックして選択し、画面右下の Next をクリックします。
    Portworx PX-Backup
  1.  Spec Generator を設定します。設定項目については、それぞれ説明します。
    PX-Backup - Spec Generator

      • Namespace
        Px-Backup がインストールされる名前空間です。デフォルトの px-backup のままでお使いください。
      • Install Using
        デフォルトの Helm 3 を選択してください。
      • Select your environment
        今回は OnPrem を選択します。
      • Use storage class
        Portworx  Enterprise をインストールしたクラスタに PX-Backup をインストールする場合はチェックを入れて、Storage Class Name には以下で作成するストレージ・クラス名 portworx-sc を入力してください。
      • Use your OIDC
        今回は Okta などの外部 OIDC と連携しないため、チェックを入れません。OIDC との連携については Set up login redirects(ログインリダイレクトの設定)のページをご参照ください。
      • Use custom registry
        インターネット環境にアクセスできない場合に使用します。今回はチェックを外してください。

    各項目の設定が完了したら、Next をクリックします。

  2. Portworx Backup License Agreement の画面が表示されます。
    Portworx Backup License Agreement
  3. Spec ファイルをダウンロードします。
    PX-Backup - Spec ファイルを保存次のコマンドを実行して、Helm repo に Portworx の repo を追加します。
    helm repo add portworx http://charts.portworx.io/ && helm repo update

    今後の設定変更などに備えて Spec ファイルを手元に保存します。Click here to download をクリックし、ダウンロードした yaml ファイルを Kubernetes の Master ノードに置きます。

Kubernetes に PX-Backup をインストール

  1. 先ほどダウンロードした Spec ファイルを Kubernetes に適用します。
    # kubectl create -f values-px-backup.yaml
    PX-Backup をアンインストールする場合は、Uninstall PX-Backup(PX-Backup のアンインストール)のページをご参照ください。
  1. Portworx の Worker ノードへ のインストールが始まります。PX-Backup は Kubernetes の Master ノードにはインストールされません。インストールは 5 ~ 10 分程度で完了します。
    PX-Backup - Portworx の Worker ノードへインストールなお、インストール中のログは、以下のようなコマンドで参照できます。

    • Worker ノード上で実行:
      # journalctl -lefu portworx*
    • Master ノード上で実行:
      # kubectl -n kube-system logs px-backup-xxxxxxxxxx
  1. インストールが完了して全てのポッドが 「READY」の状態になると、GUI へのアクセスが可能となります。まずは  # kubectl get svc -n px-backup コマンドで Service Type: LoadBalancer である px-backup-ui の待ち受けポートを確認します。
    PX-Backup - GUI にアクセスここでは 32621 番ポートで受け付けていることがわかります。早速、ブラウザに「http://Master ノードアドレス:32621」と入力してアクセスしてみましょう。パスワードを設定して、以下のログイン画面が表示されたらインストール成功です!
    PX-Backup - ログイン画面

インストール後のバックアップ先やクラスタの追加などの設定については、Use PX-Backup(PX-Backup を使用する)のページをご参照ください。

以上、Kubernetes と密に連携し、実行されているアプリケーションをポッド、タグ、または名前空間レベルでバックアップし、FlashBladeクラウドなどのオブジェクト・ストレージにバックアップ/リカバリ可能な PX-Backup のインストール方法をご紹介しました。ぜひ一度、お試しいただけますと幸いです。

関連記事


Pure Storage、Pure Storage のロゴ、およびその他全ての Pure Storage のマーク、製品名、サービス名は、米国およびその他の国における Pure Storage, Inc. の商標または登録商標です。その他記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。