シニアシステムズエンジニアの澤藤です。今回は、「SE ブートキャンプ」体験記をお届けします。目指すは真のピューリタン!ピュア・ストレージ社内では、社員のことを「ピューリタン(Puritan)」と呼んでいます。

そもそも「SE ブートキャンプ」って何 ?

SE ブートキャンプというのは、入社まもない SE(システムズエンジニア)を米国本社に集めて行う、SE 必須のトレーニングのことです。ここで、ピュア・ストレージの製品戦略や各製品のコア技術を、体系的に習得します。

会場には、道案内とばかりにオレンジの垂れ幕がいくつも飾られています。

SE ブートキャンプ会場
図 1:SE ブートキャンプ会場

このような写真だけを見ると、参加型の分科会のようなイメージを持たれるかもしれません。楽しそうな見た目とは裏腹に、実際には朝 8 時から夜 7 時まで、一週間毎日カリキュラムが組まれています。正に、真のピューリタン短期養成キャンプです。

この SE ブートキャンプがどのような内容だったのか、順を追ってご紹介します。

トレーニング その1:ピュア・ストレージの「ビジョン」

まずはじめに、昨今競争の激しいストレージ業界で、なぜ、ピュア・ストレージが第三者機関から「ビジョンの完全性と実行能力」を評価され、ソリッドステートアレイ部門においてリーダーのポジションを獲得できたのか?(関連記事へのリンク)について学びます。

ピュア・ストレージの「ソフトウェアおよびハードウェアの技術」と「ビジネスモデル」の融合により、お客様の期待を現実化していること。また、それを支える次の重要要素についての講義を受けます。

  • Purity ー ソフトウェア定義のストレージを支えるオペレーティング環境
  • Pure1 ー クラウドベースの管理とサポート
  • FlashArray と FlashBlade ー ハードウェアによる高速化の実現

特に、ストレージ管理の複雑さの解消と可用性や将来予測を支援する 「Pure1 クラウド機能」と、お客様の CAPEX/OPEX の平滑化を実現する「 ES2(Evergreen Storage Service)」については、念入りに学びます。

ピュア・ストレージのビジョン
図 2:ピュア・ストレージのビジョン

トレーニング その2:製品ディープダイブ

各製品のトレーニングでは、以下の製品やソリューションを軸に、技術的ポイントを学びます。

  1. FlashArray
  2. FlashBlade
  3. FlashStack
  4. AIRI
  5. ピュア・ストレージのソリューション(仮想化、分析、データベース、ラピッドリカバリ、コンテナ)
製品トレーニング
図 3:製品トレーニング

トレーニング その3:グループディスカッション

また、単に講義を受けるだけではありません。各講義の合間には、少人数のクラスに分かれて、各自が講義内容をプレゼンします。プレゼン後には、他のメンバーと講師から、理解度のフィードバックを受けるという方式です。これを、何度も繰り返し行います。

グループディスカッション
図 4:グループディスカッション

ピュア・ストレージのおもしろい点は、入社したメンバーがストレージ関係者ばかりではないことです。私のチームメンバーの経歴も多様でした。各自の得意分野を知ると、議論に深みが増し、お互いの関係づくりに効果的でした。

トレーニング その4:実機トレーニング

製品セットアップのポイントを実機で学びます。また、実際にお客様のサイトでセットアップやアップグレードを実施したことがあるメンバーから、経験談を聞きました。

実機トレーニング
図 5:実機トレーニング

トレーニング その5:チーム対抗戦

全てのトレーニングの締めくくりとして、チーム対抗プレゼン大会を行います。プレゼンのテーマは「ES2 ビジネスモデル」についてでした。結果、私のチームが幸運にもナンバーワンとなり、表彰されました。これもたいへんよい経験になりました。

今回はここまでです。次回をお楽しみに。