VVOL 対応のご紹介 ― ピュア・ストレージなら VVOL 機能がすぐに使えます

はじめに

今回は、仮想化ソフトウェア vSphere の機能のひとつである VMware vSphere Virtual Volumes(以下 VVol)への対応についてお話ししたいと思います。

VVol とは

VVol は、VMware vSphere 6.0 から搭載されているストレージ管理機能です。この機能により、仮想マシン単位でストレージを利用できるようになりました。各ストレージが持つスナップショットやレプリケーションなどの機能を、仮想マシン単位でも利用することが可能です。

VVol の利用要件

FlashArray では、Purity//FA 5.0.7 以降で VVol に対応しました。次の要件を満たすことでご利用いただけます。推奨事項もあわせてご覧ください。

要件

  • Purity//FA 5.0.7 以降
  • FlashArray 400、FalshArray//M、FlashArray//X
  • vCenter 6.5 以降
  • ESXi 6.5 以降
  • VMware 環境と FlashArray の時刻同期ができている
    ※ 同一の NTP を設定する

推奨事項

  • Purity//FA 5.0.9 以上、または 5.1.5 以上
  • vCenter 6.5 U1
  • ESXi 6.5 U1
  • VASA Provider を登録するときは、ローカルの FlashArray ユーザーを使用する
    ※Purity 5.1 以上 を実行している場合、認証する Local Array Admin を作成する
  • VVol 上で vCenter Server または AD サーバーを実行しない

VASA Provider の構築は必要?

VVol 機能を利用するために必要となる VASA Provider は、ストレージ制御のアクセスポイントとなるものです。ストレージに対して vCenter が行う VVol の作成、複製、削除などの制御動作にかかわります。VASA Provider の実装は各ストレージメーカーが行っているため、その方法はさまざまです。

FlashArray における実装では、VASA Provider はコントローラ上に常時配置されています。そのため、VASA Provider を構築する手間がかからず、すぐに VVol 機能をご利用いただくことができます。

VVol の構成
図 1:VVol の構成

VVol の作成は?

次に、VVol の作成についてご説明します。

FlashArray では、vCenter プラグインによって簡単に VVol を作成することができます。VASA Provider の登録等の設定が完了した後に、vCenter プラグインを使用します。手順を以下に示します。

  1. vCenter プラグイン機能の 「Pure Storage」から「Create Datastore」を選択する
vCenter プラグイン
図 2:vCenter プラグイン
  1. 「Create Datastore」のダイアログボックスに表示される「Datastore Type」から「VVol」を選択し、「Create」をクリックする
「Create Datastore」のダイアログボックス
図 3:「Create Datastore」のダイアログボックス

まとめ

ピュア・ストレージの製品コンセプトのひとつである「シンプル」が大きく反映されている VVol への対応についてご紹介しました。VMFS から VVol への移行は簡単にできますが、VMFS と VVol の混在も可能です。ぜひご利用ください。